フライング ホヌ 遊覧 飛行。 ANA、2021年元旦に「初日の出フライト」を実施 「フライングホヌ」も使用

ANA FLYING HONUチャーターフライト

成田空港発着の遊覧飛行をしつつ、その機内で子どもたちや学生にむけ、パイロットの講話や機内アナウンス体験といった場を設け、「空飛ぶ修学旅行」ともいえる航空教育の場として、チャーター便を使用する試みが実施されています。 jp」で届きます。 新型コロナをきっかけに国内で広まっているのが、移動の手段として飛行機に乗るのではなく、いわば「フライト自体」を目的としたチャーター便です。 こうした対応は、IATA 国際航空運送協会 の見解で推奨されているバイオセキュリティ対策にも準拠しているという。 (4)13:30までに2階保安検査場をご通過ください。 今秋以降には3機目も受領することになっている。 座席番号のご希望もお受けできません。

>

ANA、エアバスA380型機「フライングホヌ」の遊覧飛行を実施 9月20日に成田発着で

新型コロナウイルス感染症の流行はまだ終わりが見えず、つらくて不安な毎日が続く。 緊急事態宣言下の「5月くらいから構想自体はあった」(JAL)ものの、日に日に変わる新型コロナの状況を見ながら企画が具体化されたとのことです。 旅行代金に含まれるもの. 機内への三脚の持ち込みはできません。 当ツアーでは密集・密接を避けるため、フライトセレモニーや写真撮影会などのイベント開催はありません。 6月の整備フライトを報道などで知った利用者から、乗客を乗せて遊覧飛行を行ってはどうかと意見が寄せられて実現した。

>

ANA、A380「FLYING HONU」による遊覧フライト第2弾を9月20日実施。8月25日15時から受付

遊覧飛行を企画したANAセールス国内旅行事業部の大森いづみさんは、「またやって欲しいという意見も頂戴しました。 機内では軽食とドリンクサービスを提供いたします。 (3)チェックイン時刻の12:30を過ぎますと、受付およびご搭乗いただけない場合がありますのでご了承ください。 使用機材は「空(ANAブルー)」をイメージした1号機(JA381A)を使用する予定で、便名はNH2030便。 「旅程表」をご提示ください。

>

ANA フライングホヌのチャーターフライト~90分の遊覧飛行と機内全貌お見せします!

出発時には、スタッフにより「いってらっしゃいませ」という横断幕が掲げられた• 、に実施しており、に予定する。 すると、このニュースを見た利用者から、「その機会を利用して遊覧飛行ができないか」との提案があったという。 どのホテルも同額となる。 応募期間は、2020年11月9日(月)16時から11月19日(木)10時まで。 ANAでは、2019年に2機を導入し成田~ホノルル路線で運航。

>

コロナ禍でもハワイ旅行気分を! ANAがA380型機による遊覧飛行を実施

応募多数の場合は抽選となり、当選の場合は11月19日(木)から11月20日(金)の間にメールで通知する。 ちなみに、約330人の応募人数に対して150倍ですから、 ほぼ満席の国内線仕様787が150便分と言うことになります。 機内では飲み物のサービスを行う。 初日の出フライト通からすれば、あれ?と思ってしまうかもしれません。 料金は出発地により異なる。 しかし現在はコロナウィルスの影響で中部国際空港から成田空港着の便は全て欠航していますので、ANA86便で羽田空港に到着後、京急で成田空港に向かいました。

>

ANA、21年「初日の出フライト」は羽田と成田から 来月はフライング・ホヌ遊覧の新企画も

専用サイト: タグ: , , , 2020年11月9日. それは「短時間の遊覧飛行」 フライングホヌはハワイ路線のみに投入されていますが、こんな事態だからこそ、ハワイに行かずとも乗る機会があったらみんなも喜ぶのでは?と。 ANAの初日の出フライトは毎年羽田発着ですが、フライングホヌということは成田発。 いずれも、約2時間のフライトで初日の出を鑑賞するとともに、富士山周辺を遊覧飛行する。 応募した方の中には「90分の短時間飛行では、それほど応募者はいないだろう」と思っていた方もいたようですが、蓋をあけてみたらなんと!当選確率は150倍の狭き門だったようです。 ファーストクラス利用者には「グローブ・トロッターのアメニティポーチ」、「Hydro Flask ANA HAWAiiボトル&キャップセット」、「エアバスA380型機モデルプレーン」とANA旅行券5,000円分、ビジネスクラス利用者には「フレッドシーガルコラボレーションアメニティキット」、「Thermo mug FLYING HONUアンブレラボトル」とANA旅行券5,000円分、プレミアムエコノミー利用者には「FLYING HONU」デザインのエコバッグ、アロハシャツ着用の人と子供には「FLYING HONU飛行機風船」をプレゼントする。 バスで駐機場まで移動 小型の飛行機の場合などはバスで駐機場まで移動することはありますが、大型のエアバスA380にバスで乗り付けることはまずありません。 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で、今年3月から運航を停止。

>

第2回「ANAフライングホヌのチャーターフライトレポ」カイくんの離陸動画付き!

旅行代金は、ファーストクラスは68,000円、ビジネスクラスは窓側53,000円・通路側48,000円、プレミアムエコノミーは窓側38,000円・通路側33,000円、エコノミークラスは窓側33,000円・窓側(翼の上)31,000円・通路側28,000円となる。 これにより、定期便を再開できない場合でも90日間は整備のための無乗客フライトを実施せずに済む。 機内では飲み物のサービスを行う。 チェックインカウンターから最後の国内線出口まで全てのスタッフさんがこのイベントが出来て嬉しいという気持ちが感じられる笑顔で、お客さんもスタッフさんも一緒に楽しめたと思います😊 機内でトイレ待ちの間にCAさんと少しお話しましたが、ホノルル行きではないですが、フライングホヌにお客さんを乗せて飛べたことをとても喜んでいらっしゃいました。 機材変更により、利用する座席が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 便名はNH2021便で、ボーイング777-200型機の国内線仕様機で運航する。 本フライト当日は取材のためTVカメラ等が入り、フライト参加中に撮影をさせていただいた、お客様の個人情報(容姿を確認できる映像等)を使用させていただく場合がございますので、予めご承諾の上、エントリーください。

>

ANA空飛ぶウミガメA380、成田発着で遊覧飛行 抽選150倍、2機並びも

応募内容に不備がある場合や、募集条件に沿わない場合は、抽選対象外となり、また抽選結果のご連絡ができない場合があります。 成田空港内のレストラン・売店は休業している店舗が多数あります。 いずれにせよ、その心意気に熱いものを感じました。 陸路で各自移動して成田空港にて12時30分~14時頃に集合、15時30分頃に出発して約2時間の遊覧飛行を楽しみ、18時頃に戻ってくる。 機内エンターテイメントプログラムは通常と異なります。 申込期間は11月19日(木)午前10時まで。

>