ケイ 酸 塩 鉱物。 火成岩

4.SiO2と珪酸塩鉱物の結晶構造

。 (periclase) - MgO• [松原 聰]. もし原始地球に斜長石が無かったら、人間は誕生していなかったかもしれない。 clausthalite - PbSe• Exley C, Korchazhkina O, Job D, Strekopytov S, Polwart A, Crome P 2006. 緑簾石など。 fritzscheite - Mn UO2 2 PO4,VO4 2・10H2O? 六方最密充填の場合は、その構造にかなりの融通性がある。 (lovdarite) - K 4Na 12[Be 8Si 28O 72]・18H 2O、斜方• などのケイ酸の濃溶液にを加えると、白色無定形の膠状物体ができる。 - Fe,Mn 2SiO 4• (brewsterite-Sr)• (native tellurium) - Te、三方• 、無水により脱水される。 また、高齢の卵巣摘出ラットを用いた実験では、大腿骨の骨減少を一部抑制することが示され 、仔牛に対して用いた場合でもコラーゲン量の上昇が観察された。

>

鉱物の一覧

モデルとしては、独立型や複合型でも構わないが、これらの単純な SiO 4四面体から、複雑な層状や網状の連結体を直接形成することは、で述べるように 、潤沢な水分が存在しない限り不可能に近いからである。 galena - PbS、等軸• (tourmaline、トルマリン)• gudmundite - FeSbS• 編『』、2007年、636-647頁。 (aragonite、アラゴナイト) - CaCO 3、斜方• そして、複鎖状チェーンの六角環内に納まっていた大きなアルカリ(土類)金属イオンは押し出され、 b軸(平面図の前後)方向に連結する b面に対称な別のクランクシャフトによって挟まれることになるが 、その際、アルカリ(土類)金属イオンの大きさによって全体が変形し 、図 4-18 に示したような配列に近づくものと考えられる。 二酸化ケイ素と金属酸化物の塩より成るので,のはケイ酸塩鉱物である。 costibite - CoSbS• 5AlSi 3O 10F 2、単斜• enargite - Cu 3AsS 4、斜方• stumpflite - Pt Sb,Bi• 多くの珪酸塩鉱物は資源として重要な位置を占め、とくに粘土鉱物、長石類、雲母類、紅柱石、珪灰石、滑石、蛇紋石はよく使用される。 (hercynite)• (otavite) - CdCO 3• に示した c コースのように、原始マグマの位置が浅く、圧力が低過ぎた場合などには 、同じような現象(連結状態)を起こすことがに予想されるのである。

>

ケイ酸塩鉱物とは

(borax) - Na 2B 4O 5 OH 4・8H 2O、単斜• hollingworthite - Rh,Pt,Pd AsS• (clinoptilolite-Ca)• (minrecordite) - CaZn CO 3 2• 4-1.酸素の配列で決まる酸化鉱物の結晶構造 目次: 珪酸塩鉱物の結晶構造を理解する上で、密に結晶した酸化鉱物の結晶構造について触れておく必要がある。 10 2)「造岩鉱物学」森本信男・著/東京大学出版会/1989. トパーズ(黄玉 =おうぎょく)は斜方晶系で、柱状結晶の先端に平らな c面のほか様々な錐面が現れ、黄色透明なものは貴重な宝石になります。 人間活動による擾乱を受けることもあるが、表層のケイ酸濃度の上昇は、ケイ酸が自発的に二酸化ケイ素と水に分解することで抑制されている。 モース硬度は 9とダイヤモンドに次ぐ硬さで、酸に侵されず、比重も 4. 温度・圧力のバランスが SiO 4四面体の連結角に直接フィードバックされるのは、次項で詳しく述べるように、珪酸塩鉱物の進化と分化(比重差によりマグマ中を上昇)が進み 、圧力が低下すると共に水分が十分に存在するようになってからのことである。 図 4-2 最密充填の2層の酸素イオンに よって形成される空隙数とその位置 (1)六方晶系を成す酸素イオンの六方最密充填型構造 最密充填した酸素イオンの空隙は、4個の酸素イオンで形成する正四面体の中心と 、6個の酸素イオンで囲まれる正八面体の中心の2種類がある。 大部分は層状珪酸 けいさん 塩鉱物で、ほかに非晶質ないし低結晶度鉱物もある。

>

3.SiO2と珪酸塩鉱物の基本構造

(latrappite) - Ca,Na Nb,Ti,Fe O 3• このことは高温高圧の長石の融体を 、圧力のみ急激に低下させた場合にもトリジマイトが形成される可能性を示唆している。 (hornblende、ホルンブレンド) - 苦土普通角閃石または鉄普通角閃石• ペグマタイト形成中期に、雲母の晶出後 圧力がゆっくりと低下する過程で、原料になったと考えられる単鎖状あるいは複鎖状チェーンは、 b に示したように cis型と trans型のミックスしたチェーンに変化する。 (true mica)• 左上は六角板状の白雲母が双晶を形成して鉄電気石を抱え込み、右上は6稜の星型をした珍しい写真です。 ケイ長質岩には無色鉱物が多く含まれ,有色鉱物は少量しか含まれない。 二酸化ケイ素が少なく有色鉱物の多いものは「塩基性岩」と呼ばれ、が代表的。 (villiaumite、ビリオマイト)- NaF、立法、等軸 炭酸塩鉱物 [ ] 方解石 とは、からなる鉱物。

>

4.SiO2と珪酸塩鉱物の結晶構造

もちろん、絶対的な圧力もかなり低下し水分も増加している状況下では、高圧 cis型と高温 trans型の連結は、両者の連結角が互いに接近して中間的な連結になっていることや 、連結軸自体もかなり歪んでいるであろうことは容易に想像がつく。 (arsenolamprite) - As、斜方• ferrorhodsite - Fe,Cu Rh,Ir,Pt 2S 4• 従って、タルクのモース硬度は 1と鉱物中最も軟らかい部類に属し、粉砕された微粉は 、普通紙のコーティング材や樹脂・塗料などのフィラー(充填材)として利用されている。 (pyroxmangite) - Mn,Fe 7Si 7O 21、三斜• しかし、 SiO 4四面体の頂点同士でつながった Si- O- Si結合角は、共有結合の性質を持つため、かなり制限されているが変化することはできる。 の作用でただちに分解され H 2[SiF 6]を生成する。 coloradoite - HgTe• (stilbite-Na)• orpiment - As 2S 3、単斜• (malayaite) - CaSnSiO 5、単斜• (biotite) - 金雲母と鉄雲母の中間• 逆に、粘土を構成していても石英のようなものは粘土鉱物といわない。 jordisite - MoS 2、非晶質• 造岩鉱物のうちで火成岩を構成する主なものに, 石英,アルカリ長石,斜長石,黒雲母,普通角せん石,輝石類(普通輝石・頑火輝石) ,かんらん石,蛇紋石がある。

>

2.鉱物

イノ珪酸塩(鎖状珪酸塩)Inosilicate [輝石 〇-SiO 3, 角閃石 〇-Si 4O 11]:4面体の2つの酸素を共有して鎖状にのびた構造を持つ。 5 Li 8[Be 24P 24O 96]・38H 2O、等軸• 更に温度がゆっくりと低下するに従い、昔のカメラの蛇腹 (じゃばら)が縮むように交互に折れ曲がると 、図 4-19 b の a軸に伸びたクランクシャフト型連結棒になるのである。 (gyrolite) - NaCa 16 Si 23Al O 60 OH 8・14H 2、三斜• そして、珪素イオンのイオン半径は、下表 3-2 に示したように 0. (olivenite) - Cu 2AsO 4 OH 、単斜• rammelsbergite - NiAs 2• グループ(chlorite group)• (datolite) - Ca 2B 2Si 2O 8 OH 2、単斜• 極低温下においては全体が収縮する方向に転移し 、八面体空隙内の3価の金属イオンが押し潰されて(イオン価が増して) 、立方晶系の完全な ペロブスカイト型構造となった時に、超伝導状態になるのかも知れない。 いずれにしても、珪酸塩鉱物の進化の過程で原料となったマグマが上昇するにつれ、 SiO 4四面体の連結角はマグマの圧力低下と共に拡大し続けるのである。 また、この他にもタルク Mg 3 Si 2 O 5 2 OH 2や緑泥石 Mg,Fe,Al 6 Si,Al 4 O 10 OH 8など、層状珪酸塩鉱物の種類は多い。 しかし、熱水を伴った高温・高圧条件下ならまだしも 、常温・常圧下では 、珪酸は酸としてほとんど存在し得ないのだ。 特に深さ 650kmまでの上部マントルと 、表層約 20km(海洋部分 10km~大陸部分 40km)の地殻の推定組成は 、表 3-1 のような数字になっている。

>

ケイ酸塩鉱物とは

(stilbite-Ca)• そのため平面的なへき開が発達する。 (goldmanite) - Ca 3V 2 SiO 4 3• SiO 2と珪酸塩鉱物の結晶構造」のボタンをクリックして再表示して下さい。 そして、マグマの温度がゆっくりと低下するにつれて、徐々に配列の秩序化が進み結晶が成長し始める。 珪酸塩鉱物は、地殻を構成する重要な鉱物を含み、いろいろな地質環境のもとで生成される。 しかし、珪素と酸素の結合はイオン結合だけでなく、共有結合の割合が 55%も占めているため、 Si- O結合の原子間距離は、 1. しかし、 SiO 4四面体の頂点(1個の酸素イオン)のみ共有して連結している限り 、図 3-4 の c d e のように、酸素イオン同士の反発力を無視すれば 、かなり小さな結合角を取ることができ、実在する珪酸塩鉱物にはこのような結合角を成しているものもある。 また、これらのイオン半径の違いは、酸素イオンとの結合で占める共有結合の割合ともよく一致し、 Al- O結合は共有結合が約 40%と、 Si- O結合の約 55%に次いで多い。 (calcite) - CaCO 3、三方• グループ(mica group)• Silica in the oceans: biological-geological interplay. (azurite) - Cu 3 CO 3 2 OH 2、単斜• krutaite - CuSe 2• (schorl) - NaFe 3Al 6 BO 3 3Si 6O 18 OH 4、三方• 層状構造を示すものとしてはSi 4の四面体より構成される層とAlまたはMg 一部をFeで置換する場合もある とOおよびOHにより構成する八面体層とがそれぞれ1層ごとに重なって結晶構造の単位となる〈二層構造〉の場合と,上下にSiO 4四面体層が存在しその間に八面体層が挟まれて構成される〈三層構造〉となる場合とがある。

>

火成岩

(kimuraite) - CaY 2 CO 2 4・6H 2O、斜方 硝酸塩鉱物 [ ] とは、からなる鉱物。 このように、3価の金属イオンを SiO 4四面体の面(面空隙)の接着に利用している例は少ないが、このザクロ石の他には電気石がある。 langisite - Co,Ni As• ・リン酸塩鉱物,ヒ酸塩鉱物,ホ ウ酸塩鉱物,硫酸塩鉱 物などは溶ける場合,泡を出さずに徐々に溶ける。 つまり、前者の流紋岩質マグマではアルカリ長石が 、また、後者の浅いマグマ中では斜長石を晶出するわけである。 alabandite - MnS、等軸• その大きな理由としては、 SiO 4四面体が、溶融体や高温の熱水中では珪酸イオン(あるいはポリ珪酸イオン)として 、あたかも酸素イオンと同じように1個の陰イオンとして振る舞うことや、 SiO 4四面体が、頂点の酸素イオンを共有しながら無限に連結し合うことが挙げられる。 (orthoclase) - KAlSi 3O 8、単斜• このボーリング調査は、ソ連の西北端にあるコラ半島で行われている(平成2年10月現在、その後継続しているかどうかは定かではない)が、深さ 12km地点の地質は、地表と同じ花崗岩質の岩石であったことから 、風化侵食によって失われたと考えられる表層部分を入れると 、原始大陸の少なくとも深さ 20kmまでは花崗岩層から成っていたと推定されている。 これまで個々の珪酸塩鉱物の結晶構造や生成条件については、X線回折や電子顕微鏡の発達 、あるいは鉱物の合成技術の進歩によりほぼ解明されている。

>