横浜 市 不妊 治療 助成 金。 横浜市の不妊治療費助成制度

治療費と助成金制度|横浜市にある不妊症・不妊治療・体外受精専門の田園都市レディースクリニック

助成対象と助成回数について 助成回数は、初めて助成を受ける際の治療開始時の女性の年齢によって決定されます。 海老名市 健康づくり課:046-235-7880 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 【不妊治療(自費診療)の費用相場について】 横浜にある不妊治療クリニックを調査して費用相場を洗いだしたところ、人工授精は1万円~2万5,000円/回、体外受精11万円~42万円/回、顕微授精は1万5,000円から35万円になりました。 甲府市子ども未来部母子保健課 【重要】申請期限について 令和3年3月31日までに終了した治療に関する申請は、令和2年度中にしていただきますようお願いします。 ・バリ風の新フロア 予約があれば専用エレベーターで1階総合受付を通らず直通です。 コシ産婦人科の特徴について ・駅からのアクセスが良いクリニック! 東急東横線の 白楽駅とから徒歩5分、東白楽駅から徒歩3分で行くことができる好立地のクリニックです。

>

事業概要・助成を受けることのできる方

。 まずは、コシ産婦人科で、不妊治療について専門医からのお話しを聞いてみることをおすすめします。 排卵をコントロールしながら卵子を育てます。 FT4• なお、2月から3月までに終了した治療に関する申請は、事前に保健所窓口へご連絡いただければ、書類の一部を4月15日までご提出いただけます。 変更4 新型コロナウイルスの感染防止のために治療を延期し、申請が6月以降となった場合に、夫婦の前年の所得合計額が730万円以上であるが、夫妻の前々年の所得合計額が730万円未満である場合は、助成を受けられます。 経験豊富なベテランの生殖医療専門医による診療を受けることができるクリニックです。 治療を受ける前に、費用の相場について把握しておきましょう。

>

【横浜市】不妊治療の助成金

排卵日を診断して妊娠しやすい時期を指導する「タイミング法」や、精子を採取して妊娠しやすい時期に子宮内に注入する「人工授精」へとステップアップしていきます。 不妊に悩む方への特定治療支援事業申請 書(原本)(申請者・配偶者が記入/コピー不可) 必要な方は下記の方のみです。 タイミング法で妊娠ができなければ、その後は人工授精や体外受精、顕微授精などの専門的な治療へと移っていきます。 不妊についてお悩みの方は、まずは相談してみることから始めましょう。 妊娠したい、新しい命を授かりたい、と考えている方には特に、不妊治療や不妊に悩む方への手厚いサポートを行っているコシ産婦人科をおすすめします。 助成回数:神奈川県助成事業に同じ• 〈男性不妊治療〉 併せて申請する特定不妊治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日、または31日が土日の場合は直前の金曜日) 4. 精巣内精子生検採取法(TESE)による手術• また、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市などの政令指定都市に関しては、神奈川県と助成内容は同じです。

>

【2020年】横浜市の不妊治療♪おすすめしたい10医院

厚生労働省の3年前の調査では、不妊治療を経験した人のうちおよそ6人に1人に当たる16%が不妊治療を理由に仕事を辞めているということです。 夫婦それぞれの証明書が必要。 受精…取り出した卵子と精子を培養液に入れ、受精させます。 甲状腺ホルモン検査• 採卵・採精…超音波で位置を確認しながら卵巣に針を刺して卵子を採取、体外に取り出します。 助成回数:神奈川県助成事業に同じ• なお、令和2年の夫婦合算の所得推計額の算出および審査は各保健福祉事務所にて行います。

>

【横浜市】不妊治療の助成金

これは単純に控除前の金額や控除後の金額ではありませんので こちらで確認してください。 問い合わせ 神奈川県保健福祉局 保健医療部 健康増進課 045-210-4786 相談窓口 神奈川県不妊・不育専門相談センター 0467-58-6010 045-210-4786(神奈川県健康増進課) 指定医療機関 参照 詳細ページ 神奈川県特定不妊治療費助成事業指定医療機関一覧 神奈川県で不妊治療の助成が受けられる医療機関の一覧表です。 余裕をもってご連絡ください。 愛川町 健康推進課:046-285-2111 前提条件:神奈川県の助成を受けている。 不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書• あざみ野の新しいクリニックビルは、免震構造で建築され、通院患者、培養中の受精卵、凍結してある胚・精子をより安全に守る、というクリニックの方針が具現化されています。 3,770円• 清川村 保健福祉課:046-288-3861 前提条件:神奈川県の助成を受けている。

>

事業概要・助成を受けることのできる方

毎週水曜日午後3時~午後7時(年末年始祝祭日を除きます)• PRL• 高級車が買えるほどつぎ込んだ治療費。 風疹抗体検査• 体外受精の補助金(横浜市) 体外受精・顕微授精などの「特定不妊治療」は、健康保険が適用されないため、治療費用が高額になるケースが多くあります。 複数回分をまとめて申請する場合は、申請書、受診等証明書、領収書のコピーは、各々で書類が必要です。 初めて助成を受けた治療開始時の妻の年齢が40歳以上:43歳になるまで通算3回 横浜市における特定不妊治療の助成範囲は、2016年(平成28年)4月1日に大きく見直されました。 (1)受診等証明書以外の書類(前ページ「4必要書類」の1及び3~6)を全て揃え、3月31日までに申請すること。 助成金額:神奈川県から受けた助成額を控除した額について、県助成額の10万円まで助成。 これは初めて挑戦しようとする方にとってはありがたい制度ですよね。

>

神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業のお知らせ

不妊治療の助成金(横浜市)• 脳下垂体性ホルモン検査• (以下からダウンロードできます) 1. 平成27年度までにすでに6回以上または通算5年度の助成を受けている方• 病院に不妊治療の旨を問い合わせると詳しく対応していただける病院がほとんどです。 横浜市以外(、、、)についてはそれぞれのページを参照してください。 詳しくは、下記ホームページをご覧ください。 参加費は無料なでの気軽に参加できると思います。 助成申請の時点で、夫婦のいずれか一方が神奈川県内の市町村(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市を除く)に住所がある。 また、忙しい方も治療に専念できるように予約システムが導入され、患者さんの待ち時間の軽減は勿論、診察の予約、キャンセル、変更などが診療時間外もWebで行えて、患者さんの利便性にもしっかり配慮されています。

>

事業概要・助成を受けることのできる方

しかも指定された平日に通院する必要があります。 その後、治療終了日(治療終了日を含めて)から90日以内に不足分の書類とその他の必要書類をそろえて正式に申請すれば、仮受付の日に申請したものとして受付されるようです。 あざみ野駅の東口から出て、あざみ野駅東側の交差点から北側(たまプラーザ方向)に目を向けると、上記の白いクリニックビルが見えます。 添付書類等に不足があった場合は、再提出等が必要となります。 田園都市レディースクリニック 横浜市青葉区青葉台2-3-10 ラルク青葉台5F 045-988-1124 体外・顕微 ベアータ・クリニック 横浜市神奈川区鶴屋町3-31-1 鶴屋町ビル2F 045-325-5175 体外・顕微 神奈川レディースクリニック 横浜市神奈川区西神奈川1-11-5 ARTVISTA 横浜ビル 6F 045-290-8666 体外・顕微 菊名西口医院 横浜市港北区篠原北1-3-33 045-401-6444 体外・顕微 アモルクリニック 横浜市港北区新横浜3-30-3 リバサイドビル701 045-475-1000 体外・顕微 堀病院 横浜市瀬谷区二ツ橋町292 045-391-2561 体外・顕微 福田ウイメンズクリニック 横浜市戸塚区品濃町550-3 木村ビル2F 045-825-5525 体外・顕微 横浜市立大学附属 市民総合医療センター 横浜市南区浦舟町4-57 045-261-5656 体外・顕微 CMポートクリニック 横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 045-948-3761 体外・顕微 東條ウィメンズホスピタル 横浜市港南区丸山台2-34-7 045-843-1121 体外・顕微 済生会横浜市東部病院 横浜市鶴見区下末吉3-6-1 045-576-3000 体外・顕微 みなとみらい夢クリニック 横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F 045-228-3131 体外・顕微 馬車道レディスクリニック 横浜市中区相生町4-65-3 馬車道メディカルスクエア5F 045-228-1680 体外・顕微 産婦人科クリニックさくら 横浜市青葉区新石川3-15-16 メディカルモール・たまプラーザ2F 045-911-9936 体外・顕微 東條ARTクリニック 横浜市港南区上大岡東1-12-13 045-841-0501 体外・顕微 横浜HARTクリニック 横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階 045-620-5731 体外・顕微 横浜市不妊相談窓口(福祉保健センターこども家庭支援課一覧) 青葉区福祉保健センターこども家庭支援課 045-978-2456 旭区福祉保健センターこども家庭支援課 045-954-6150 泉区福祉保健センターこども家庭障害支援課 045-800-2448 磯子区福祉保健センターこども家庭支援課 045-750-2449 神奈川区福祉保健センターこども家庭支援課 045-411-7111 金沢区福祉保健センターこども家庭支援課 045-788-7786 港南区福祉保健センターこども家庭支援課 045-847-8411 港北区福祉保健センターこども家庭支援課 045-540-2319 栄区福祉保健センターこども家庭障害支援課 045-894-8410 瀬谷区福祉保健センターこども家庭支援課 045-367-5760 都筑区福祉保健センターこども家庭支援課 045-948-2319 鶴見区福祉保健センターこども家庭支援課 045-510-1850 戸塚区福祉保健センターこども家庭支援課 045-866-8470 中区福祉保健センターこども家庭支援課 045-224-8171 西区福祉保健センターこども家庭支援課 045-320-8467 保土ケ谷区福祉保健センターこども家庭支援課 045-334-6297 緑区福祉保健センターこども家庭支援課 045-930-2361 南区福祉保健センターこども家庭支援課 045-743-8248 に戻る へ進む. 2,602円• 神奈川県又は全国の都道府県・政令指定都市・中核市が指定した医療機関において特定不妊治療を受けたこと。 なるべく薬を使わない治療を目指して、より自然な形で妊娠できるよう患者さんそれぞれの身体に合わせて効果的な治療法を考案してくれます。

>