フィテッセ 対 フェイエノールト。 フィテッセ本田vsフェイエノールト|フジCSで生中継|12月8日

本田圭佑、スルツキ監督辞任後の初戦はスタメン落ち…。フェイエノールト戦はベンチスタート

結果としてまたトラブルに陥る可能性があったが、幸運にもントのキックはOGにならずにバーに当たった。 数分後にもインのパスからペッレが抜け出すも浮かせたシュートはゴール前を通過。 セリエA [11月24日 11:09]• ブンデス [11月29日 7:43]• バイエルン 試合前 ロコモティブ・モスクワ 29:00• ネロムとムルデルの一瞬のお見合いで途中出場デ・リデルにシュートを許したが幸運にも枠外に飛んで命拾いすると、フィレーナとスハーケンの投入から、スハーケンのクロスをペッレが頭であわせて2-0。 だが、このフェイエノールト戦で、本田は81分から途中出場。 フィテッセに加入する大きな理由となったレオニード・スルツキ監督が辞任したことにより、本田は複雑な胸の内を明かしている。 (取材・文:本田千尋【オランダ】) —————————————— レオニード・スルツキ監督が去ったことで、本田圭佑の中には、少なからず考えるところがあるようだ。 1試合ではまだ正確な評価ができませんけど、この試合を見た限りでは今後も使われる機会は多いと思います。

>

フィテッセ本田vsフェイエノールト|フジCSで生中継|12月8日

プレミア [12月1日 21:17]• だが、かつて3度のW杯でゴールを決めるなど、要所要所で勝負強さを見せつけ、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた男も現在33歳。 もちろん出口の見えない連敗は続いていたが、見方によっては、せっかく隠し球とでも呼ぶべき、かつての教え子である本田が加わったのだから、「2試合」で匙を投げずにもう少し粘っても良かったのかもしれない。 【了】. セリエA [12月5日 8:52]• 一方で、「引退に向かっているし、当然ながら死にも向かっている」中で、日々を過ごす「1日の重みも違う」中で、「自分がもっと意義を感じる場所で競争したい」という思いもある。 自身の加入間も無く、スルツキ監督が現場を離れたことで、本田がフィテッセの中で宙ぶらりんになってしまったように感じたとしても、無理はない。 終盤、のFKのこぼれ球からカウンターに出ようとしたカステレンからがボールを奪い、ボエチウス、フォルメルと繋いで最後は戻って来たスーパー ペッレがしっかり決めて先制。 ガンガン行け。

>

フェイエノールトvsフィテッセ宮市亮

恩師の辞任に「頭の中を整理しないといけない」 オランダ・エールディビジ第16節、フィテッセ対フェイエノールトが現地時間8日に行われた。 ここ(フィテッセ)でそれをやるのかどうか…」 「意義を感じる場所で競争したい」という思い もちろん念頭には、来年の東京五輪がある。 前戦はファン・ラ・パラをベンチに置いてシンクフラーフェンがスタメン出場。 終盤明らかにが集中力を失って雑なボールロストを繰り返すも、も有効な攻撃は繰り出せずにそのまま静かに終了。 アルナスル 試合終了 アルアイン 0 - 1• は残り10分で痛んだスヘンケフェルトを下げて長期離脱から戻ったコルカをエクストラ・として投入も何も起こらず。 大部分が良かったが、トリガーを引くことに失敗していた。 (取材・文:本田千尋【オランダ】) 【了】. サイドでボールを呼び込んで、果敢に一対一を仕掛けろ。

>

2019/12/08 エールディヴィジ フィテッセ 対 フェイエノールト ã®ãƒ†ã‚­ã‚¹ãƒˆé€Ÿå ±ã¨çµæžœã¯ã“ã¡ã‚‰

もっとなんであのプレーをするのか、その「意図」を考えてコメントすれば面白いのに。 「引退に向かっているし、当然ながら死にも向かっているわけなので、10年前と今は僕自身の価値観が全然違う中で人生を生きている。 その気持ちは、残された時間が少ないのであれば、自分自身が納得した「場所で競争したい」とも言い換えることができるかもしれない。 日本の五輪代表を率いる森保一監督も、フィテッセでプレーする本田が五輪代表の選考の対象であることを公言している。 エルヴィン・ 「ちょっと残念。 そこから一対一を仕掛けていく。 ミランみたいのところで勝負するのは、3年ぐらい、全然いいんですけど。

>

本田圭佑は「引退、死に向かっている」。半減したフィテッセにいる意味と冬の移籍を考える理由

セリエA [11月22日 10:02]• プレミア [12月5日 11:08]• ボールを持っているととても危険な選手だ。 冬以降のことは」と言葉を残した。 ザルツブルク 試合前 アトレチコ・マドリー 29:00• 最後に、本田は「まだちょっとわからないですけどね。 プレミア 好調チェルシー・ランパード監督が契約延長を希望 []• シュートチャンスもあったのに、何もできなかったからね」 「監督が若い選手を信頼してくれるのは素晴らしい事だけど、毎週自分の力を証明しなければならない。 冬以降のことは」と言葉を残した。 スルツキ監督に代わったジョゼフ・オースティング新監督にとって、ベテランの日本人選手は構想外ではないようだ。 「スルツキ監督が出て行く前の2試合は、僕が責任を託されたわけなので、そこで期待に応えられなかった。

>

本田圭佑は「引退、死に向かっている」。半減したフィテッセにいる意味と冬の移籍を考える理由

0-0のドローに終わったフェイエノールト戦の後で、日本の報道陣を前に、胸中を吐露した。 PAOK 試合前 グラナダ 26:55• その気持ちは、残された時間が少ないのであれば、自分自身が納得した「場所で競争したい」とも言い換えることができるかもしれない。 序盤から明らかにシャープさを失っているAZのミスを突いて次々とチャンスを創ったローダ。 一対一をどんどんチャレンジさせ、試行錯誤させて一対一に磨きをかける。 (取材・文:本田千尋【オランダ】) -------------- レオニード・スルツキ監督が去ったことで、本田圭佑の中には、少なからず考えるところがあるようだ。 その後は絵に描いたような一方的な展開になり数分後にマイヤースのパスから絶好調アルベルフが決めて1-0。 プレミア [12月1日 20:30]• だからはカンピューンになり、我々はならない」 ピート・フェルトハイゼン 「僕はここにもう長くいるから、何が起きても何とも思わないよ。

>

本田圭佑は「引退、死に向かっている」。半減したフィテッセにいる意味と冬の移籍を考える理由

競争するのなら、自分がもっと意義を感じる場所で競争したいわけですから、それがどんな逆境であれ。 北京中赫国安 試合終了 チェンライU 1 - 1• この勝利は4位以内で終わるために有用だろう。 プレミア [11月30日 21:13]• 0-0のドローに終わったフェイエノールト戦の後で、日本の報道陣を前に、胸中を吐露した。 しかしカウンターからファン・アーンホルトのラストパスを途中出場ファン・ラ・パラが決めて勝負あり。 ペーター・ボス 「前半はとても良いプレーをして多くのチャンスを得た。 ローダは今シーズン10枚目のレッドカードで記録に並ぶ。

>