ひとり が たり 馬渕 睦夫。 馬渕睦夫

12402:トランプ圧勝か!米大統領選挙と左派革命運動の実態;馬渕睦夫動画 : 江東区南砂町 清澤眼科医院|白内障・緑内障・眼瞼けいれん

16 最近のコメント• その前の江戸幕府では 征夷大将軍が頂点だったが 「神のように」 ひれ伏させたことは無かった。 そういうことで、ウィルソン大統領について始めたと、そういうことなんですが、ウィルソン大統領はこういうキングメーカーに大統領にしてもらったんですが、ある時、ウィルソン大統領は難題をふっかけられるわけです。 ~~~~~~~~~~~~~~ 安倍首相辞任からひと月が過ぎ、 菅新政権が動き出す中、 やはり今の公明党との 連立的な与党体制の中では、 身動きが取れない問題が多々ある (特に対中国政策と憲法改正)。 ドイツとの戦争でね。 縁は 「縁は異なもの味なもの」と良く 云われます。 こうなると皆さんはお手上げになる方が多いと思いますけど、そんな昔などあまり関心が無いとおっしゃる方もいられるかもしれませんが、実はアメリカのディープステートというものは要するに、アメリカの建国の歴史をみなさんご存知ですが、1776年に独立宣言をしたということですね、しかしその時のいわゆる国体というか、アメリカの建国の精神、あるいは建国の体制といってもいいんですが、それが実は今から100年前に変わってしまったということですね。

>

馬渕睦夫が語るディープステートの始まり

に 小塚一恭 より• 世論を誤った方向へ導くため嘘を発表する機関、それがメディアの役割なのである。 日本よ、今. ご冥福をお祈りします。 このルイス・ブランダイスは、当時シオニズムと呼ばれておりましたが、パレスチナの地にユダヤ国家を造るという運動の先頭に立ってた人なんですね。 パレット最高裁判事の上院での承認はその目論見を砕いた。 とても民主主義とは言えない。 犯人は「国際金融mafia」だった。

>

【国際金融資本家】「ひとりがたり馬渕睦夫」#50 南北戦争と第2次世界大戦 仕掛けた勢力は 同じディープステート

------------------------------------------------------------------- 平日昼間の生放送にも関わらず、同時視聴者数7000名を超え、チャットのコメントも多数頂きました。 林原チャンネルの「ひとりがたり馬渕睦夫」 7 ディープステートの原点を探るから文字起こしです。 それは次に最高裁判所の判事に空席が出来た時には、私が、つまりウンターマイヤーが推薦する人を判事に指名してくださいと。 次に、もう少し原文を紹介する。 そこで何が起こったかということですね。 そのFRBという中央銀行は、念の為ですが100%民間銀行なんですね。

>

馬渕睦夫が語るディープステートの始まり

このサミュエル・ウンターマイヤーってのは、実はアメリカの当時のウォール街の最も有力な法律事務所の一つであった、グッゲンハイム・ウンターマイヤー・マーシャルっていう法律事務所があるんですが、そこの腕利き弁護士だったんですね。 ここではバイデン有利という反対論も引用しておこう: アメリカ大統領選挙、バイデン勝利想定 激戦州でリード=ブックメーカー 賭けサイト2社によると、11月3日の米大統領選では、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が激戦州の大半でトランプ米大統領を制し、勝利すると見込まれていることが分かった。 それはウィルソン大統領は実は、あれはプリンストン大学の総長時代に、今で言えば不倫をしておられたわけですね(笑)、笑いながら言っては失礼なんですが、ところがその不倫相手の御婦人の息子が金銭トラブルを起こしたということで、相当の負債を抱えられたらしいんですね。 その後も一期だけで終わった大統領の例は、皆さん思い出されると思いますが、何か背景にあるはずなんですね。 勿論大統領になったばっかりで、大統領ってのはほとんど給与がありませんからね、その、ウィルソン大統領もそんなお金は出せないってことですね。 質問も多数頂きありがとうございました。 ここから始まるわけなんです。

>

生放送「ひとりがたり馬渕睦夫」#57 米大統領選挙の実態と世界を変える善の力 ※LIVE 11月25日|電気の問題集研究所_DMK|note

ですから、普通、現職の大統領っていうのは二期目は最も安定しているわけですから、普通、一期だけで二期目に敗れるっていうことはまず無いんですが、それが負けるっていうことは何か裏にあると皆さん思われてもいいんだと思いますね。 「QAnon」とは「Q Anonymous」の略と思われる。 出演 [ ] TV放送 [ ]• また、プレディクトイットは激戦州14州のうち10州で、ベットフェアは激戦州12州のうち7州でバイデン氏がリードしているとした。 それが、世界平和に なるのかもしれません。 では、また。

>

馬渕睦夫

そのまま訳しますと深層国家ということになるんですが、それじゃ何のことかわからないわけですね。 に より. 厳粛な儀式のもとに、夜の静寂のなかで、 大霊より授かったものだ。 今日も縁のある方は 不思議に私の次に立っていらしたり、 すれ違ったり。 こうして国民に自分の意見だと思わせる。 縁を大事にしていると 天は運も与えて下さるのです。 しかもその送り込んだ経緯が、ウィルソン大統領のスキャンダルだったということですね。

>

【国際金融資本家】「ひとりがたり馬渕睦夫」#50 南北戦争と第2次世界大戦 仕掛けた勢力は 同じディープステート

そういうものを含んだロシアを巡る問題について、タフト大統領といわゆるアメリカの、その頃力を得てきた勢力との間で、どうも意見の不一致があったというふうに理解していただければと思います。 ()『日本人が知らない洗脳支配の正体 日本を見習えば世界は生き残れる』(ビジネス社 2017年5月)• その話は別の機会にお話したいと思いますが、アメリカでウィルソン大統領が出現したってこと自体が、今日のディープステートを産む原因って言いますか、元凶になっているんですね。 日露戦争のポーツマス会議を主催してくれたりと。 に 田辺陽介 より• ここから先は出てるんです。 そうすると、タフト大統領は、その頃どういう世論調査があったか私は詳しく知りませんけれども、常識的に見ればタフト大統領が勝つことは想定されていたわけですね。 ですから、それがわからないと今トランプ大統領がやっていることも、なぜ最高裁の判事の任命が大きな政治問題になるのかわからないわけですね。

>