総務 省 統計 局 人口 推計。 東京都の人口(推計)トップページ

東京都の人口(推計)トップページ

67 1970 昭和45 104,345 1,955,277 718,135 1,237,142 18. 一方,減少は40道府県となっており,秋田県(-1. - 集計内容別人口に関する統計 -• 39であった。 (降順のみ)• 社会増減は6年連続の社会増加となっています。 81 2007 平成19 127,750 1,101,000 1,103,000 -2,000 8. 7%で,比較可能な1950年以降過去最低となっています。 2 1913 大正2 51,305 1,835,000 1,035,000 800,000 33. 栗原圏(栗原市) 1市• 74であり、上位県でも人口置換水準を下回っている。 2-22 出生、死亡、死産、婚姻及び離婚数、2-25 標準化人口動態率及び女性の人口再生産率(統計局)• 18 1985 昭和60 120,837 1,431,577 752,283 679,294 11. 61 1967 昭和42 100,725 1,956,725 679,797 1,276,928 19. その後、(平成18年)には6年ぶりに上昇し、(平成14年)と同率となり、2017年(平成29年)現在では1. 2 1925 大正14 59,737 2,080,000 1,211,000 869,000 34. 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは44都道府県となっており,前年の42都道府県から2県(埼玉県及び神奈川県)増加しています。

>

日本の人口統計

メールニュースでは、主要な調査結果の要約、新着情報、お知らせなどを希望者へ提供しています。 59 1997 平成9 126,057 1,209,000 921,000 288,000 9. 69年上回った。 33 1979 昭和54 115,890 1,642,580 689,664 952,916 14. 15 1968 昭和43 102,061 1,893,219 691,647 1,201,572 18. ここから本文です。 東京都の人口は京阪神や東海4県より多く、東北・北信越11県や九州・沖縄8県、中国・四国9県をはるかに超える。 1 1930 昭和5 64,450 2,085,000 1,171,000 914,000 32. (単位:人) 年次 総人口 岩国 柳井 周南 山口・ 防府 宇部・ 小野田 下関 長門 萩 平成17年 1,492,606 156,143 75,228 276,154 316,115 275,055 290,693 41,127 62,091 平成22年 1,451,338 150,235 70,637 273,489 313,239 266,952 280,947 38,349 57,490 平成27年 1,404,729 143,042 65,745 267,340 313,364 258,259 268,517 35,439 53,023 令和元年 1,355,495 136,610 61,063 260,902 309,246 249,249 257,038 32,817 48,570 (注)1 各年10月1日現在、総務省統計局「国勢調査」による常住人口 2 令和元年は県推計人口 ダウンロード用ファイル (次回更新予定2021年3月頃). (結果の概要 1~2ページ) 15~64歳人口の割合は59. 70歳以上人口は2621万人で,前年に比べ97万9千人の増加となり,割合は20. 70 元号別総人口 [ ] 2019年10月時点の総務省の推計で、元号別の日本人人口は以下のようになっている。

>

山口県/統計分析課/人口・令和元年山口県人口移動統計調査結果概要

50 1953 昭和28 86,695 1,868,040 772,547 1,095,493 21. 5 1920 大正9 55,963 2,105,000 1,431,000 674,000 36. 自然増加は沖縄県1県のみとなっています。 年 総人口 [千人] 出生数 死亡数 自然増減数 1000人 あたりの 推計出生数 1000人 あたりの 推計死亡数 1000人 あたりの 自然増減数 合計特殊出生率 出生数 1000人 あたりの 幼児死亡数 平均寿命 男性 平均寿命 女性 1899 明治32 1,386,981 32. 05 2009 平成21 127,550 1,087,000 1,146,000 -59,000 8. 「」を参照 1971年(昭和46年)-1974年(昭和49年)のベビーブームを含め、ほぼ2. 人口が増加した7都県のうち,沖縄県のみ自然増加・社会増加となり,他の6都県は自然減少・社会増加となっています。 80 1950 昭和25 82,900 2,337,507 904,876 1,432,631 28. 2010年7月10日閲覧。 仙台都市圏(仙台市,塩竈市,名取市,多賀城市,岩沼市,富谷市,亘理郡,宮城郡,黒川郡) 6市7町1村• 元号別総人口 元号 割合 昭和 71. 94人まで低下した。 ただし、は、後半に30代後半であった人口の多いの駆け込み出産や、景気回復などを上昇の要因に挙げており、景気の悪化による影響に注意したいと述べている。

>

日本の人口統計

70 1954 昭和29 87,976 1,769,580 721,491 1,048,089 20. (昭和41年)の出生数・出生率の急激な落ち込みはによるものである。 【目次】(「BOOK」データベースより) 統計表(全国(男女別人口(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年)、日本人人口(昭和25年~平成12年)/男女別人口(各月1日現在)-総人口(昭和25年10月~平成12年10月)/年齢(5歳階級及び3区分)、男女別人口(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年) ほか)/都道府県(都道府県別人口(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年)/都道府県、男女別人口及び人口性比(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年)/都道府県別人口の割合(各年10月1日現在)-総人口(大正9年~平成12年) ほか))/人口推計の概要. 90 2012 平成24 127,400 1,037,231 1,256,359 -219,128 8. 96 1948 昭和23 79,500 2,681,624 950,610 1,731,014 33. 近年、合計特殊出生率は増加しているにもかかわらず、出生数の減少は続いている。 ・「提供分類、表題を検索」• 4 1923 大正12 58,119 2,043,000 1,332,000 711,000 35. 推計人口については、月報、年報及び補間補正人口等の報告書を刊行しており、その長期時系列の推移をまとめたものとして、昭和45年3月に刊行した「人口推移資料No.36日本の推計人口」が最終刊行となっている。 26 2006 平成18 1,092,674 1,084,450 8,224 1. 近年の日本の自然増減数の推移 年 出生数 死亡数 自然増減数 合計特殊出生率 2000 平成12 1,190,547 961,653 228,894 1. 15歳未満人口は1541万5千人で,前年に比べ17万8千人の減少となり,割合は12. 76 1981 昭和56 117,661 1,529,455 720,262 809,193 13. 1872年(明治5年 の段階では3480万人だった日本の人口は1912年(明治45年)に5000万人を突破し、1936年(昭和11年)には6925万人に達していた。 」との指摘がある [ ]。 95 1978 昭和53 114,913 1,708,643 695,821 1,012,822 14. 35%)の減少と8年連続で減少しています。 統計関連情報• 66 1983 昭和58 119,307 1,508,687 740,038 768,649 12. これは間引きが罰せられるようになったことで大家族の家庭が多くなったのに加え、明治以降の保健・医療など水準の向上、農業生産力の増大、による経済発展に伴う国民の所得水準の向上と生活の安定などの要因により発生しただった。

>

人口推計 長期時系列データ 長期時系列データ(平成12年~27年) 全国 1 男女別人口(各年10月1日現在)

2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 39 2011 平成23 127,770 1,050,806 1,253,066 -202,260 8. 2 1940 昭和15 71,540 2,100,164 1,176,517 923,647 29. 09ポイント)など8県となっています。 3 平成27年 1,404,729 1,346,864 95. (昭和49年)にはが主催し、(現:)とが後援してに先駆けた第1回では、により発生する問題への懸念から「子どもは2人まで」という趣旨の大会宣言を採択するなど人口抑制政策を進めた。 2 1918 大正7 54,739 1,856,000 1,503,000 353,000 32. 0%)となっています。 当時において日本は中国、インド、アメリカ、ソ連、インドネシア、パキスタンに次ぐ第7位の人口を有する国となった。 ・例 国勢調査 and 人口. 63 1937 昭和12 70,360 2,164,949 1,198,400 966,549 30. 34 1964 昭和39 97,826 1,737,277 678,104 1,059,173 17. 33 2004 平成16 127,680 1,126,000 1,024,000 102,000 8. 利用にあたっては,を御覧ください。

>

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2018年(平成30年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

01 1999 平成11 126,631 1,197,000 985,000 212,000 9. 柳沢房子「」『レファレンス』、国会図書館、2007年11月、。 27であった。 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,滋賀県など8府県が社会増加,他の32道県で社会減少となっています。 4 1916 大正5 53,496 1,873,000 1,196,000 677,000 32. 1972年(昭和47年)から2002年(平成14年)までの調査では、完結出生児数は2. 46 1947 昭和22 78,025 2,678,792 1,138,238 1,540,554 34. 0 1903 明治36 45,546 1,552,000 936,000 616,000 32. 93 2002 平成14 127,386 1,176,000 980,000 196,000 9. 一方、老年人口は、(昭和25年)(4. 3 1908 明治41 47,965 1,734,000 1,037,000 697,000 33. 8 1945 昭和20 72,410 1,685,583 2,113,798 -428,215 23. このような傾向がみられる要因として、西日本の方が東日本よりも女性の社会進出率 や女性の幸福度が高いことなどが挙げられている 、が明確なことはわかっていない。 国籍・地域別人数 中国 韓国 ベトナム フィリピン ブラジル ネパール インドネシア 2018年末 764,720 449,634 330,835 271,289 201,865 88,951 56,348 無国籍 [ ] 2017年末時点での無国籍者数は676人となっている。 88 1960 昭和35 94,094 1,627,939 711,230 916,709 17. 99 2008 平成20 127,680 1,108,000 1,142,000 -34,000 8. 21%)の減少と8年連続で減少しています。 89 1976 昭和51 112,775 1,832,617 703,270 1,129,347 16. 前年と比較すると,島根県は社会減少から社会増加に転じ,静岡県は社会増加から社会減少に転じています。

>