大 糸 線 下り。 大糸線とは

大糸線とは

0km が開業。 で、臨時快速列車「リゾートビューふるさと」として松本駅 - 南小谷駅間で運用されている。 (昭和48年)• 12月14日:松本駅 - 南小谷駅間への特急「」の乗り入れ開始。 :により信濃大町駅 - 糸魚川駅間で不通となる。 3 根知川橋梁 128m 根小屋トンネル 80m 中山トンネル 400m 大野トンネル 694m 100. 潮沢信号場廃止。

>

ムーンライト信州

(昭和19年)4月:新宿駅 - 長野駅間列車の寝台車連結を廃止。 17m級旧形電車• 8月15日:平岩駅 - 小滝駅間が復旧し、南小谷駅 - 糸魚川駅間が運転を再開。 頒布物の詳細はまだ未定ですが、大糸線研究会としてはじめて大糸線の本を頒布す予定です。 北松本臨時貨物積卸場:松本駅 - 北松本駅間 0. 改札口は橋上駅舎の JR改札 1ヶ所で、 アルピコ交通と共用しており、乗換改札は 設けられていない。 ここから(四ヶ庄盆地)へと入り、終点の糸魚川駅までと並走する。 (クモハ11形、クハ16形)• 特急「」として運用されている。 南小谷駅までは区間であり、JR東日本の管轄である。

>

大糸線とは

新宿駅 - 名古屋駅間の直通列車 が下り昼行・上り夜行で復活する。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• (昭和47年)3月 - 11月:中央東線下り夜行列車の最盛期である。 (平成5年)12月:1521Mを廃止。 車窓からは、安曇野の田園風景や雄大な北アルプス、山影を映す静かな湖、そして フォッサマグナに沿う姫川の深い渓谷など変化にとむ自然を間近に眺められます。 客車 - 「ちくま」寝台車• 普通、普通「」、快速「みすず」…篠ノ井線内はすべての駅に停車• さらに1973年(昭和48年)3月28日に全線でが完成した。 (特急「スーパーあずさ」、2010年3月12日まで入線)• 信濃大町駅 - 糸魚川駅間の貨物営業廃止。

>

大糸線の時刻表

(平成26年)• 年表 [ ] 開業当日の• (平成28年):南小谷駅 - 松本駅間で導入。 普通列車は松本駅 - 信濃大町駅間と、それに接続する信濃大町駅 - 南小谷駅間の列車が主体であり、1日に数本が松本駅 - 南小谷駅間を直通する。 普通…全駅に停車• 普通列車• これ以降、JR西日本車によるJR東日本区間への乗り入れ(信濃大町駅まで)が実質的に廃止。 機能は松本運転所に移管。 (貨物用)• 関連項目 [ ]• 1km)廃止。 (平成4年)3月:421Mが1521M甲府行きとなる。

>

大糸線 ① (松本駅、北松本駅、島内駅、島高松駅、梓橋駅)

(昭和36年)• :信濃大町駅 - 白馬駅間復旧。 :1067mm• 今回は、公開されている路線の中でもシステムに掛かる負荷の大きめな氏 の阪神電鉄 下り 本線尼崎駅にジャンプを行った状態でのフレームレートの測定をしてみました。 大糸線の概要 大糸線は、長野県の山の街 松本市から日本海に臨む海辺の街 新潟県の糸魚川市を 結ぶJRの鉄道路線です。 松本駅 - 南小谷駅:長野総合指令室• 飯山線の正式な起点はだが、運転系統上は長野駅発着となっている。 (昭和60年)12月24日:臨時駅としてが開業。 (平成18年)• 松本駅 - 南小谷駅間 [ ] 優等列車として新宿方面から特急が定期または臨時で、方面から特急「」が臨時でいずれも白馬駅または南小谷駅まで直通運転されている。 南小谷駅以北で唯一のとなったを過ぎるとの市街が近づき沿線に住宅が増えていき、姫川駅を過ぎ右に弧を描くと終点に至る。

>

大糸線

81号(91号)は新線()経由。 8月7日:4月21日の山腹崩壊により「当分ノ間」信濃森上駅 - 中土駅間の一般運輸営業を停止。 84 km)延伸開業。 このほか、蒸気機関車・ディーゼル機関車も使用されていた(前節参照)。 西条駅から明科駅までは、潮沢川に沿う区間が地すべり多発地帯であったことや、が限界に達していたことなどから1988年に新線に切り替えられた区間である。 この際に建設されたトンネルや橋梁はいずれも複線対応であるが、単線での開業となっている。

>

大糸線研究会

諏訪湖祭湖上花火大会・全国新作花火競技大会各当日運行• からを過ぎると再び渓谷地帯となり、までカーブが連続し、姫川沿いの険しい谷間を通る。 (昭和4年): 大糸南線 信濃大町駅 - 間(7. 93km)が延伸開業。 35 — 40。 白馬大池駅、中土駅、北小谷駅が無人化。 - 塩尻 - 南松本間電化。 - 災害情報、2014年11月23日 6:00現在• 7km が延伸開業し全通。

>

大糸線研究会

(急行列車など)• 同区間でのキハ52形定期運用を前日限りで終了。 (5年):南小谷駅 - 糸魚川駅間で開始。 途中田沢 - 松本間は山と川に挟まれた狭隘な区間を通過する。 東側から現在のに沿って松本と上田を結ぶ三才山線、に沿って松本と上田を結ぶ保福寺線、に沿って松本と上田を結ぶ二線路線、・に沿って松本と篠ノ井を結ぶ篠ノ井線、国道19号や犀川に沿って松本と長野を結ぶ犀川線、・・国道19号に沿って大町経由で松本と長野を結ぶ大町線である。 松本駅 - 南小谷駅間で普通列車として運用されている。 5月19日:信濃森上駅 - 南小谷駅間の電化着工。 備考 盛土式の島式ホームと、古い木造駅舎を 有する無人駅である。

>