海外 渡航 解除。 海外渡航いつ解禁?欧州へは7月以降か 観光客は最後に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【2020年12月7日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

現在、アメリカ国内で確認されている感染者数は360万人を超えていますが、カナダ国内では約11万人と大きな差があり、カナダ政府はアメリカへの渡航自粛を要請しています。 スマホのページには出てこないので要注意です。 日本からスペインへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 同州は3日連続で新規感染者の過去最多を更新しました。 観光などで日本からハワイへ訪れる方に向けて渡航を控えるよう要請しています。 日本からシカゴ市へ訪れる方はなるべく夜間の外出を避け、市内で義務づけられているマスク着用や社会的距離の保持に努めるようお願いします。 各州政府は9月15日に情報を更新し、国内の28州と2地域から訪れる市民や渡航者を対象に入州規制を義務付けると発表しました。

>

【コロナ:世界の動き】渡航規制緩和 日本、海外からの帰国2週間待機免除。中国、韓国、台湾など12カ国・地域の入国拒否解除の方向

また、フードライセンス Retail Food Establishment Licence を取得していないバーや飲食店に関しては、時間帯にかかわらず屋内での営業が認められません。 また、メキシコと米国の国境閉鎖も5月20日頃まで延長される予定です。 10月15日より条件付きで自己隔離を免除する「新型コロナウイルス事前検査プログラム」を導入。 自己隔離要請の対象州 10月6日発表 ニューメキシコ州、コロラド州、ミネソタ州、ネバダ州、ロードアイランド州、ワイオミング州、アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウエストヴァージニア州、ウィスコンシン州、グアム準州、プエルトリコ準州 前回の対象から削除された州は無く、現時点で33州と2地域が対象となっています。 国境封鎖の期日を10月21日までとしましたが、トランプ大統領は「国境封鎖の解除日は間もなくであるのは間違いない。 入国制限措置に記載されていない場合であっても、 無症状であること、陰性証明書の携行、各国当局のウェブサイトへの事前の登録等が入国の条件となっている場合があります。

>

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター) Testing Center for Overseas Travelers (METI/経済産業省)

2s ease-in-out;transition:all. 書類の不備や指定の条件を満たしていない方は大使館または領事館での面接が必要となり、申請書類が返却される場合がありますのでご注意ください。 なお、シカゴ市と同様の措置を施行しているイリノイ州クック郡は対象州を策定していません。 これらの措置に加え、イリノイ州公共衛生局は学校や公共施設に対し下記の行動を推奨しています。 検疫として、原則として入国後最初の7日間は政府指定施設で隔離され、その後さらに7日間自主的に隔離を実施しています。 なお、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用されます。 筆者の携帯会社はドコモなので、ドコモを例に話を進めていきますが、auもソフトバンクもほぼ同じ手続き内容のようです。

>

(12月6日更新)入国制限緩和・解除予定の国まとめ【海外旅行いつから?】

アメリカビザ申請再開に関する最新情報 在日米国大使館・領事館は3月より非移民ビザの面接を一時的に停止していますが、7月16日より大阪・福岡・沖縄・札幌・東京の各米国総領事館では一部のビザ申請に関する業務を再開しました。 隔離要請の対象州 9月15日時点では16州が該当 アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州 対象となる州は当該州内の感染状況を鑑みて定期的に更新されます。 アラバマ州内では新型コロナウイルスの累計感染者数が15万人を超えており、引き続きマスク着用や不要不急の外出を自粛するよう呼び掛けています。 日曜日は、お受取りのみで申請はできません。 現時点で日本の「渡航健康情報」のレベルは3となっているため、日本からニューヨーク州へ訪れる渡航者は事前にトラベラー・ヘルスフォーム Traveler Health Form の提出が必要となります。 こういった確認メールが携帯会社から来るまで、数日かかることもあるそうです。

>

パスポート窓口の状況!海外渡航のためのお役立ちリンク集(新型コロナウイルス感染症関連等)

そんな中国本土への旅客便は今のところ 北京・上海・厦門・成都の4都市のみが運航中です。 対象期間• ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州への入州制限措置 対象が22州に ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州の3州では感染が拡大している他州から訪れる市民に対し6月24日より14日間の自己隔離を義務付けています。 3月18日、ハワイ政府は国内外を問わず、今後30日間にわたりハワイ州への渡航と往来の自粛要請を発表。 8月25日に情報を更新し、プエルトリコを含む18州と1地域が入域制限の対象となりました。 オンライン授業の大学に通う外国人留学生に対しビザ発給を停止 現地時間の7月6日、米国移民・関税執行局 ICE は9月からの新年度の授業を全てオンライン化する大学などに通う外国人留学生を対象に、ビザの発給を停止すると発表しました。 利用の際は予約制とし、1つのテーブルにつき6人までとなります。

>

米、欧州・ブラジルなどへの渡航制限解除を検討=関係筋

今回の措置は主にアメリカ市民が対象となり、不要不急の海外旅行や国内の移動自粛を要請しています。 10月1日からは、ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開しています。 日本への渡航については「東京や多くの地域では依然として深刻な状況にある」として、4段階の警戒レベルのうち上から2番目に高い「渡航を再検討せよ」とした。 また、市内ではマスクやフェイスカバーの着用が求められますので規制の遵守をお願いします。 3月13日より入国を一時停止とする国 イタリア、スペイン、スウェーデン、スイス、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、デンマーク、チェコ、エストニア、フィンランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド 欧州域内の自由移動が認められるシェンゲン協定加盟国 欧州26か国 が対象となります。 フロリダ州• レベル2 不要不急の渡航は止めてください。 ただ、この渡航自粛が発表されるのが遅いように思いますし感染の広まり方を見ると「渡航自粛」ではなく「渡航原則禁止」にするべきではないか、と思ってしまいます。

>

【渡航制限解除】タイへ10月から渡航できる!?ニュースについてまとめてみた。

米国への渡航を検討中の方は滞在先で施行されている規制の遵守をお願いします。 ただし、長期滞在資格を有する者や、国境を越える通勤者、帰国のためのトランジット(入国を伴わない、トランジットエリア内での乗り継ぎ)を行う者等については適用除外 (3月17日から6月30日まで)EU域外7か国からの入国制限を解除、日本は引き続き制限の対象 (7月2日から)条件を満たす場合に限り、ビジネス目的での入国を許可(ドイツ国内を拠点とするビジネスパートナーまたは雇用主により、出張が必要不可欠であることを証明する理由書の発行が必須) メッセ(見本市)に参加するためのビジネス目的での入国を許可 (適用日不明) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) フランス 〇 EU、シェンゲン協定国及び英国以外の出身者(フランスまたはEUの滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く)の入国禁止 (3月17日から)日本を含むEU域外13か国からの入国制限を解除 (7月1日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) オーストラリア 〇 オーストラリア人や永住者等を除く全ての渡航者の入国禁止、トランジットも原則不可 (3月20日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) イタリア 〇 特別な場合を除き、外国からの入国を禁止 (3月17日から6月2日まで) EU圏内、シェンゲン協定圏、英国などからの入国については制限なし それ以外の地域からの入国は引き続き制限 (6月3日から6月30日まで)日本を含むEU域外14か国からの入国制限を解除、ただし入国後14日間の自己隔離義務は継続 (7月1日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) ロシア 〇 外国人(一部例外を除く)の入国を一時的に制限 入国を伴わない航空便のトランジット乗客は措置の対象外 ロシア大使館及び領事館におけるビザの受理、作成及び発給を一時的に停止 (3月18日から)日本からの入国制限を緩和 なお、直行便での渡航に限り、渡航の際にはPCR検査の陰性証明が必要(11月1日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月29日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) カナダ 〇 カナダ国籍者以外の入国を禁止 (3月16日から6月30日まで) カナダ国籍者及び永住者の外国籍の近親者については、新型コロナウイルスの症状がない・14日間の隔離措置をとるなどの条件付きで入国を許可 (6月8日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) スペイン 〇 EU、シェンゲン協定国及びアンドラ以外の居住者(EUの滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く)の入国禁止 (3月23日から6月30日まで) 日本を含むEU域外12か国からの入国制限を解除 (7月4日から7月31日まで) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) <その他参考URL> 日本の措置については• また、現地時間の8月24日にはグアム準州で140人の新規感染者が確認されたことを受け、新たに入州制限の対象州として追加されました。 モンタナ州• また、空港からの公共交通機関は利用禁止となるため、自家用車やレンタカーの利用を推奨しています。 航空旅客便• 3月26日以降にハワイ州の空港に到着する全ての渡航者とハワイ市民は、機内にてハワイ農務省発行の書類へ必要事項の記入が必要となります。 「世界の工場」として発展してきた中国が最も重視するのは、国際産業チェーンやサプライチェーンの安定だ。

>

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター) Testing Center for Overseas Travelers (METI/経済産業省)

特定の移民ビザ IR-1ビザ、IR2ビザ、CR-1ビザ、CR2ビザを除く• 食品販売やインフラなど生活に必要不可欠な業種のみ営業が可能• 米運輸省 中国航空会社の旅客便を全面受け入れ禁止へ 6月16日より 米国運輸省は中国の航空会社が運航する中国-アメリカ路線の受け入れを6月16日より禁止すると発表しました。 集会やイベントは人数を問わず一時禁止• 閉鎖期間は今後30日としていますが変更や延長となる場合があります。 シカゴ市当局および公衆衛生局は不要不急の旅行の中止を呼び掛けるとともに、往来する渡航者に対し以下の内容を要請しています。 4月14日に運航を停止して以来およそ100日振りとなるフライトには89人の乗客が搭乗し、現地時間午後6時12分に無事到着したことを報告しました。 JL016 : 月・木運航• 他州や海外への不要不急の旅行を禁止• 4月25日より段階的に制限措置を緩和していますが、サンフランシスコ等の主要都市では5月末以降も外出禁止令を適用し、不要不急の外出を控えるよう要請しています。 モルトノマ郡• 4月17日に発表された最大30日間の滞在延長申請 ESTA申請を統括する米国CBP(米国税関・国境警備局)は、国外から米国へ訪れている渡航者に向けて4月17日に声明を発表しました。

>