赤城 高原 温泉 山屋 蒼 月。 離れ客室 露天風呂付各室棟|山屋蒼月|赤城高原温泉

赤城高原温泉 山屋蒼月の口コミ・評判履歴

地元産の醤油で作ったたれと薬味にもこだわったざる豆腐をお召し上がりください。 利用不可• 自然の小川もあって、そのせせらぎに耳を傾ける。 手洗い・うがいのお願い• 離れ: ukitsuki 畳敷きのローベッドを備え飛び石をあしらった土間や大石をくりぬいた露天風呂を持つ和風テイストを取り入れたモダンな造りの離れでございます。 これどうやって食べるのが正解なの?と思う瞬間が何回かあり、しっかりと食事をたのしめなかった。 つまり、客室は19部屋。 緊急時対応準備• カミソリ• 久々な温泉日頃の疲れ癒して頂きました。 要望としてバスタオルが一枚余分にあるとありがたかったです。

>

山屋蒼月の宿泊予約

あまりにもびっくりして、案内の方に工事中ですか?と聞いたら、「はい」の一言のみ。 近くの農家の人がその日収穫した野菜を持ってきてくれることもあるという。 ブラシ• この時点ですでに感じていたのは静けさだった。 自家製ざる豆腐 大豆の濃厚な旨味をお楽しみ頂ける本格派豆腐を作りました。 他の料理も綺麗に盛り付けてあり、味も文句なし! 量も食べきれない程出ました。 ご飯も食べきれない量でした。 宅配便• ウッドデッキのテラスの中央に四方に檜の框を配した露天風呂をご用意いたしました。

>

赤城高原温泉 山屋蒼月の口コミ・評判

備品を都度、除菌清掃• シャワーキャップ• ホテルを出た後もお辞儀をしてくれていました。 市販の蒟蒻とは違う臭みのなさとふるふるとした食感を自家製出汁醤油にかるくつけてご堪能ください。 クレジットカードはご利用頂けません。 改善点を直して頂ければ、とても良い旅館になると思います。 風の音や虫の音、星空、形を変える雲…。

>

大人のふたりのための隠れ宿「山屋蒼月」(群馬県・赤城高原温泉)|冬にいきたいお忍びの温泉宿

本当、ありがとうございました。 大人だけが許された秘密の隠れ宿 気ぜわしい日常生活の中で、妻とのゆったりした静かな満ち足りた時間は作りにくい。 接客のスタッフの対応もとても良かったです。 定期的な館内(料飲エリア)の換気• しかも宿泊料は1万8150円からと破格である。 13歳未満のお子様のご利用は御遠慮頂いております• デッキチェアに体を預け日常を離れた空間で日光浴、月光浴をお楽しみくださいませ。 どこのお部屋にも温泉が併設されているからか、ほかの客と遭遇することもなく、くつろげました。

>

「赤城高原温泉、山屋蒼月に泊まって来ました (^.^)」福六のブログ | いい旅、ほろ酔い気分 福六のページ ♪

「大人のための旅館って感じね」 その先のロビーとつながっているのが3階建てで8部屋からなる本館。 カード• 池はその名残と聞きました。 日常を離れた空間で日光浴、月光浴をお楽しみくださいませ。 しかし、地味なわけではない。 駐車場に着くと、建築資材がたくさん置かれおり、駐車場も工事関係者の方々であろう車が、宿泊客と同じ場所にバラバラに止めてあったので、どこに止めていいか困りました。 今回は県内の温泉宿で、の~んびりとして来ました。

>

赤城高原温泉 山屋 蒼月 宿泊予約【楽天トラベル】

ボディーソープ• ぜひ、網戸の設置を検討して頂きたいです。 以上のように敢えて気になる点を挙げたが、宿のロケーションや佇まいは申し分なく、夕食時が少々騒がしい以外は落ち着いた時間を過ごせた。 帰宅してから、家族等に宿をお勧めしたのは言うまでもありません。 部屋が離れでもあったので、静かにのんびりと過ごせました。 ) 受付けから、館内で会う従業員の方々の対応がとても親切丁寧で、今まで訪れた宿の中で一番のお気に入りになりました。

>

「赤城高原温泉、山屋蒼月に泊まって来ました (^.^)」福六のブログ | いい旅、ほろ酔い気分 福六のページ ♪

空気清浄機の設置• 障子を通して差し込む柔らかな光の陰影を楽しみながら静かな朝をお迎えください。 数年前、予約して行く1週間前に旦那が入院して仕方なくキャンセルして行くことが出来なく残念な思いしてました。 ふわふわの卵と共にお召し上がりください。 温泉で温まり、夕食を頂いてから部屋に戻って次回の予約まで済ませました。 バーチカルブラインド越しの柔らかな光の中で静かな朝をお迎えください。

>

「赤城高原温泉、山屋蒼月に泊まって来ました (^.^)」福六のブログ | いい旅、ほろ酔い気分 福六のページ ♪

長らく群馬県内の客が多い宿として営業してきたが、三代目の弥寿也さんが装いの違う旅館へと生まれ変わらせた。 最初に気になった事を言いますね。 赤城南面千本桜はまだ 開花もしていなかったが、なんと川津桜と梅・菜の花が満開だった。 事前に調べたのでわかってはいたが、宿主の手島弥寿也さんの説明でさらに理解を深めることになる。 庭園の先にある池まで足を運び、展望台からの風景も愛でた。 半露天風呂の温泉は、宿の敷地内に湧く2つの源泉がほど良く混じり合ったかけ流しである。 露天風呂(ウッドデッキ) 遠く関東平野の夜景を望むウッドデッキ。

>