スピッツ 横浜 サン セット 2013。 スピッツ「横浜サンセット2013 劇場版」、夢みたいだった

【みんなの口コミ】スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 を観た人の感想、評価

暑くて暑くて大変だったこと、翌日が台風予報でいつ雨が降るかひやひやしてたこと、近くの横浜スタジアムではアジカンが10周年記念の2daysライブをしてたことは覚えてます。 そんなMCのあとに演奏された新曲「らんぷ」では、切ない世界に場内が静まりかえり、やがて力強い拍手が響きわたった。 ライブが終わるといつも、次またこの光を浴びるまでちゃんと生きなくちゃ、って、背筋が伸びる。 願わくはもっと多くの映画館で。 やっぱり、生じゃないからと軽くみてると甘い。

>

スピッツ 横浜サンセット2013

新宿も横浜も行けなかったから本当嬉しかったよ。 もしDVD化するんだったら、多分全体のバランスをいじる必要が出てくるんじゃないかな。 「久々に『夏が終わる』を演奏しました。 何度も重なる。 願わくばずっとYoutubeに、、もしくは円盤化してください。 「スピッツを結成して今年で26年。 そして巨大スクリーンでスピッツを見れる感動はすごい。

>

スピッツ「横浜サンセット2013 劇場版」、夢みたいだった

動きすぎず、かといって単調でもない。 だからめっちゃ見てほしい。 「だいぶ暗くなってきました。 のライブ、超かっこいいのだ。 「」「チェリー」「ロビンソン」、世に広く知られてるのって、少し前の曲だと思うけど、もう50歳が見えてきたおじさんたちの作る曲、ずっとかっこいい。

>

【みんなの口コミ】スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 を観た人の感想、評価

9月の野外ライブにふさわしい 夏の終わりっぽい曲をはじめ、 メジャーな曲もわりと演奏してるので、 誰にでもおすすめしたいです! スピッツには、ありきたりなストーリーを掬ってくれる やさしさを感じます。 スピッツのライヴをよく知らない人も、もちろん何回も足を運んでいる熱心なファンも、それぞれの楽しみ方ができる。 スピッツが約16年ぶりの単独野外ライヴ<スピッツ 横浜サンセット2013>を9月14日、横浜・赤レンガパーク野外特設会場で行なった。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 「このままツアーも頑張りますので、よろしくお願いします!」と意気込みを語ったスピッツ。 ハチミツ Twitterのタイムラインがなぜか「しけっしけっ」って盛り上がっているのでなんだろうと思ったら、草野さんが「しけったビスケット」のところで噛んでたんですね。 感動で泣きましたもん。

>

スピッツ「横浜サンセット2013

当時の最新アルバム『小さな生き物』からの選曲が多いが、そのほかアルバムにしか収録されていない曲や、彼らのライブでもほとんど演奏されていなかった懐かしい曲までも選曲されている。 というわけで、嬉しさと悲しさが半分半分のニュースでした。 事前にご利用の店舗への確認をおすすめします。 そっから日曜の夜までの間に8周しましたからね。 あと、メンバーの「やっちゃった〜」っていう笑顔もいい。 当日は台風が近づいていて、この週末を超えたら急に涼しくなるのかもなって思ってたんだ。 この映画には、あの時スピッツが、まったく飾ることなく、もっと言えば何の修正もなく、存在している。

>

あんな曲やこんな曲も!伝説の「スピッツ 横浜サンセット2013

また、終演後は規制退場となります。 ライブは少なくない回数やってますが、ドームのようなものすごく大きなところでやるわけでもないし、ファンです!という気合い入った人以外の人が足を運ぶ機会ってそりゃ少ないよなって思う。 ノーカットで収録されたMCはキャリア26年とは思えないほどたどたどしさが見え、彼らの人の良さや素朴さを反映しているし、珍しく歌詞を忘れてボーカルの草野マサムネが苦い顔をするところまで、生々しいライブの「そのまま」が収録されている。 MCの気張らなさもスピッツらしさ。 草野がハーモニカを吹きながら歌ったなつかしい曲「アパート」、スクリーンに月が映し出され、スペーシーなギターが空を駆け巡っていった「月に帰る」、大ヒット曲「チェリー」、「渚」とめくるめくセットリスト。

>

【ライブレポート】スピッツ、“横浜サンセット2013”過ぎ行く夏に至福の時間「今日は忘れられない夜になりました」

新宿と梅田、週末を待たずに終わる予定だったのに追加上映が決まったから、まだ土日で見られるよ…! そのあと、5月までかけて全国いろんなところをまわる。 そして、個人的な思い出としては、2015年当時このライブ映像を映画館の巨大スクリーンで、ポップコーンをかじりながら見れたというのも、「ライブに参加した」というのとはまた違う、特別な体験になった。 演奏中の所作、表情が観たい所がちゃんと収まっていて スタートから楽しげなスピッツに既に涙目。 みなとみらいのスローな船、季節の詩、移ろう雲… 溶け込む 草野さんの声… こんな美しいライブある?現実…? という、完全無欠 ユートピアをお約束します。 そう、スピッツをリスペクトする若手ナンバーワンバンドが、同じ横浜でライヴを同時刻にやっているのだ。 今ここで聞くのがなんて似合ってるんだろうって鳥肌が立った。

>